痩せるスープのつくりかたはとても簡単です。玉ネギ、ピーマン、セロリ、キャベツを一口大サイズに切り、ホールトマトと一緒に鍋に入れてコンソメやガラスープで煮込みます。7日間飲み続けることになるスープなので、3日間くらい作りおきをしておくことがおすすめです。日程に従って、痩せるスープを飲んでいくようにします。1日目は、痩せるスープとフルーツのみを食べます。フルーツはバナナ以外は何でも良く、水の他にも100%果汁のジュースも飲む事ができます。翌日はコーンや豆類以外の野菜と、ベイクトポテト、そこに痩せるスープを添えて食べます。翌日は痩せるスープと果物と野菜、その次の日は痩せるスープの他にはバナナとスキムミルクです。水分摂取は意識して大目に行うこと、スキムミルクは500mlの水に溶かして飲むことがポイントになります。5日目は肉、トマト、痩せるスープです。豚肉、ささみ、煮魚以外の肉類は食べないようにしてください。6日目は痩せるスープと野菜、牛肉。牛肉はどれくらい食べてもいいので、満足するだ摂取することが可能です。7日目は、スープ、玄米と野菜とフルーツジュースを飲みます。いつもと違う栄養の摂取をすることになることが、痩せるスープダイエットの特徴です。1週間という限られた期間での痩せるスープダイエットは、無理せず行うことが大事です。
スキンケアなどでよく使われるプラセンタ